6732cf1838dc673d1da23a0df3f8d248
Ⓙどこで なにを 作ろうが。

Ⓙ青天の霹靂

2018/06/17 15:03 朝ごはん 昼ごはん 晩ごはん お弁当 お買い物 旅行・お出かけ 趣味 くらし

って言うお米。知ってる?

6月初めのスッキリ晴れた日。

店の入り口の控えめな張り紙に目を奪われた。


「青天の霹靂  入荷しました」


なんだなんだ⁇


青森県産の最高級なお米なんですと。


'青'しばりねっ(*⁰▿⁰*)

ネーミングセンス!

最近「青」に魅せられてる私はハートを

貫かれた。


…これぞ、青天の霹靂⁉︎

普通に、この言葉自体も、なぜか好き。


********************


少し前に、玄米を買ったばかりだし。

その日は何とか買わずに我慢して帰った。


数日後。

やっぱり買っちゃおうかな…

そんな気持ちで米売場に行くと、

又衝撃が。


1キロ  ¥500


って。結構強気なお値段。

魚沼産コシヒカリの次に高い…(°▽°)


1キロだけ試しに買おうと思ったんだけど、

ちょうど玄米を食べ始めたところ。

玄米だと、肝心の味が分からないよな(-_-;)

白米か玄米か。決心がつかず、持ち越し。


いったい、どんな米なんだ⁈

と、帰ってから自分なりに調べる。


東北地方と言えば、美味しい銘柄の米がひしめく

米どころ。

でも、青森には代表するような米がない。

ってんで、10年の歳月が費やされ、開発されたお米なんだそう。


2014年に最高ランクを獲り、その後も

ランクを落とさず評価され続けている。


お米戦国時代が来た

私が子供の頃は、コシヒカリ、ササニシキしか

知らなかった。皆さんも、そんな感じよね⁈


今や、美味しいコメは地域ごとにある。

昔はその辺りの人々だけが、

「ここのコメが一番旨い」

と言いながら食べていたのに、情報も物流も張り巡らされ、

全国で旨いと言ってもらわないとダメな風潮なのかしらね。。。


農業もブランド、大事なんだね。

ホントに違いがわかる人、そんなにたくさん、

いるのかな? 


え⁈もしかして(~_~;)

分かってないの、あたしだけ?


イチゴも銘柄。

友人のイチゴ農家は、数年前まで

"とちおとめ"を作っていた。

買いに来るお客さんは、口を揃えて

ここのとちおとめが最高だ。と満足していた。

生産者である友人の両親も、心底とちおとめに

惚れ込んでいた。


でも、2年ほど前から組合だかの取り決めで、

全て"紅ほっぺ"で統一することになったと聞き、

みんなが残念がった。


他の銘柄とか売上とか、

何かを争うために、

作る人が、

作りたいものを作れないことも、少なからずあるかもしれないな。


彼らも生活もかかってるし、受け入れざるを得ない時もあるし、

逆に救われることもあるのかも知れない。


もちろん彼らの紅ほっぺも最高なんだけどね♪



今はもう食べることが出来ないけど、

今まで、一番美味しかった米は、

広島から毎年送られてきた

おじいちゃんの新米ササニシキ。ベタでしょ?


満を持して。

朝は弁当用に白米を炊くし、やっぱ白米を、

買ってみようp(^_^)q


と、やっと連れて帰る。


言っても…アタシあんまり味の違いとか、

分からない人じゃん(゚o゚;;

買ってから気づく。


炊いてみる。

水加減難しい^^;


一粒一粒が、大きくて、

存在感あり。

粘りが少ないし、お寿司に向きそう。

宣伝通り、さっぱり❗️

他のお米とはちょっと違うぞ〜


気がつけば、白いごはんだけを軽くいっぱい

食べそうになっていた。

白飯をこんなに集中して食べた事なかったかも。


(※違いが分からない女の感想です)


青天の霹靂。

恥ずかしながら、きちんとした意味、

分かってるようで分かってない時あるし、

ちゃんと調べておこう。


霹靂は、雷の意味(←知らなかった^^;)

青空に雷が落ちる様から、

「突然予期しない衝撃的な事が起こる。」


わたし、なんとなく悪い状況で使う気がしてた

けど、いい出来事でもつかうんだって。



パッケージも、青ベース。

食べ物の包装に青は、

あまり使われない。

攻めてるな。



やっぱり、この感じ、好きだわ。

食べる前から"まんま"と、衝撃受けちゃったよ。

"コメ"だけに(^_^;  


さぁ、次に雷に打たれる、

違いの分かる男/女は誰だ⁈


続 青いシリーズ⁈

青いパンに続き、

青いごはん計画にピッタリ(๑>◡<๑)

とウキウキしていたら、子供たちに、

そーゆー事はしない方がいい。


とたしなめられた(T ^ T)

https://chocofumi0101.cookpad-blog.jp/articles/343490



クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください