6732cf1838dc673d1da23a0df3f8d248
Ⓙどこで なにを 作ろうが。

Ⓙ一杯のコーヒーの向こう側 [実践編]

2018/10/01 10:16 朝ごはん お菓子 パン お買い物 趣味 くらし 家族 健康
https://chocofumi0101.cookpad-blog.jp/articles/376708

分かっちゃいたけど。

コーヒー売り場の前で、泣きたい気分になった。

フェアトレードの商品は、たった1種類。


知ってたよ、少ないだろうって。

最悪、全くないかも。とも思ってたから。


この売り場のほとんど全てのコーヒーが、

買い叩かれていて、これを生産してる人は

苦しいままでいるかもしれない。


でもね、一番悲しくなったのは、

誰もそれに気がついていない、

気にもとめていないことだった。

知る機会すらないから、仕方ない。


どっかの誰かが生豆に値段をつけて、

それを誰かが大量に仕入れて、

また誰かがそこから仕入れて…

生産者の苦しみは、なかなか現実感が持てない。

みんな利益を出そうって必死だもんね。

その人達にも生活ってもんがあるから。


で。どうすりゃいいの⁇

ありがたいことに、

前回のブログ記事に対し、いくつかコメントを

頂きました。


問題提起をしたはいいが、具体的な解決法が

全く示されていない、私のブログに、

ただただ、心を痛めてしまわれた方も

たくさんいらっしゃるかも知れません。


平和にコーヒーを飲んでいる事を責めたり

してる訳じゃないんです。


クマちーさんから頂いたコメントが、

まさに、私の声であり、皆さんの声かと。

(掲載許可頂き、ご紹介させて頂きます)

実際私達に何ができるでしょうか…?これからは挽きたてコーヒーの湯気の向こうに、コーヒー農園で働く生産者の方々に感謝しながら頂く事しか出来ないかも…それで、現地の方は幸せになれるのでしょうか…?

結局、何も出来ないの?変えられないの?


これに、なんの意味があるの?


そんな風に思わないで下さい。

コーヒーを巡る現状や、フェアトレードについて

知ること、興味を持つこと。

今、出来ることは、これしかない。


むしろ、一番大事だと思う。


味と価格しか見ない買い物から、

その店にフェアトレードの豆が売ってるのか?

なぜ、売っていないのか?

今までと少しだけ意識が変わって行くこと。

地味だけど、それが大事だと思う。


考えるだけじゃ何も変わらないかも知れないけど

考えないことには始まらない。


すぐに結果は出なくても、

同じ意識の人が増えれば、

大きな流れになる日が来る、かも知れない。


↑これ、うちにある日めくりカレンダー。


"中学生で出会っておきたい31の言葉"


子どもたちに何か感じて欲しいと思い、

洗面所に置いているが、40代の私が毎日、

めくりながら、そうだよねー。って思ってる。


買い物にて。プラスアルファの行動。

ファンの多い、KALDIさんに。

やっぱり、他の豆よりお高めです。



ずらーり並ぶ豆の中に、

フェアトレード豆は、

やはり1種類だけ。




見れば分かる事なのに、私は敢えて

店員さんに聞いてみる。


「フェアトレードの豆はありますか?」


これ、大事かも知れない。

敢えて、聞くことは、


私は、フェアトレードを知ってるよ!

商品にも興味があるよ!


と意思表示できるじゃないか‼︎


お気に入りのコーヒーや、予算があるのに、

無理して好きじゃないコーヒーを買う必要なんて

ないのよ。


日本のコーヒー店やスーパーには、

選べるほど種類もない。


別にお気に入り商品があって、

買うつもりはなくても、

敢えて!店主や店員さんに聞いてみる。


とても小さな一歩だけど、

大きな意味はあるかもしれない、と思った。



私の愛読書にこんな一節がある。


「見て見ぬ振りをするのか、

   時世のせいにするのか、

   時がたてばまた忘れるのか。

   どんなに大きな集団も時代の流れも、

   構成しているのはひとりひとりの

  「わたし」だ。


ひとりが何かしても意味ないのかな?

と思った時、時々読み返して力をもらう。



ひと昔前を、思い出して欲しい。


カラダに悪いと重々分かっていたのに、

妊婦や子供の前だろうと、職場の自席だろうと、

自由にいつでもどこでもタバコを吸っていた。

タバコ吸うのがカッコいいとすら思われた時代。


でも、みんなの意識が変わって今がある。



コーヒーも、フェアトレードじゃない豆なんて

まだ使ってるの?信じられない!


なんて言う時代が来てほしい。


全ての豆が正当な値段で買われ、

フェアトレードのロゴが必要無くなる日が

来てほしい。


そんなことになったら

コーヒーのお値段が高くなってしまう?

なんて自分の心配は、

ちょっとだけ置いておくことにします…

今が、間違えた値段なのだから。


寄付は、する側の都合で色々と状況が変わる。

自立の為には、寄付じゃなくて、正当な値段で

購入し続けることが、必要なんだよね。

今はまだ、一部の人にしか知られてないし、

行き渡らないけれど。


コーヒーだけに、豆知識w

日本は、コーヒーの輸入、世界第3位。

一人当たりの消費量も、世界第4位。

年々増え続けている。


安く買い叩いてる率、高そうよね(-_-;)


こんなに仕入れて消費しといて、

何にも知りませんでしたぁ〜

なんて言ってちゃ、ダメよね。


フェアトレードの認証を受けるには、

色々と満たすべき基準があり、オーガニック、

又はそれに準ずる高品質な商品がほとんどです。


でも、認証を維持できる規模の農園はわずかしか

なく、認証される豆は、生産されるコーヒー

全体のわずか4%ほどしかない。

だから、みんながフェアトレードが欲しいって

ことになったら、全然足りなくなる…


しかし、高品質な豆を作っている零細な

農家を見つけて、支援して、

直接仕入れを行うのが

得意なのが、日本人らしいのです。

志しを持っている方々もたくさんいるのです。


だから、

認証を受けていなくても、フェアトレードの

豆、存在しています。

あなたの街にもあるかもよ♪

ネット通販でも、たくさん見つかります。


通販で買った、

東ティモール産の豆。


全然高くない。


販売してるのは、

ちょっと話題になって

しまっている、NGO団体。

噂は色々あるけど、豆を作っている人々には

関係ない話、と思って。



今回も、長いブログにお付き合い、感謝です。

コーヒーを、いつも通り味わい、

自分なりに、少しだけコーヒーを考える。

そんな秋。いかがでしょうか?


クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください