6732cf1838dc673d1da23a0df3f8d248
Ⓙどこで なにを 作ろうが。

Ⓙ言葉なきチョコレート対談。

2018/10/18 13:02 お菓子 イベント お買い物 趣味 くらし

チョコレートと向き合う。

フェアトレードの良質なカカオ豆から、

全ての工程を自分のお店で作るという、

とても興味深いお店を銀ママさんに教えて頂き、

お取り寄せしてみました。


初回限定、送料無料。

食べ比べセット。ジャーン!


た、食べ比べ…違いが分からなかったら、

もったいないわ…なんてタジタジ(; ̄ェ ̄)


高級品だけど、一枚づつ食べては味の記憶も

薄れてしまうから、一度に行こう!

味わい方ガイドに従って、順番に。


カカオって何なのよ。

3種類の食べ比べ。

材料の違いは、カカオ豆の産地だけ。


"カカオはフルーツ" 


産地や季節で味が違う。それを味わう為に、


"ひき算の製法"


というのを掲げている。


チョコレートの原材料なんてあまりじっくり

見ないけど、色々入ってること位は、

私だって知ってる。


こちら、

香料、ミルクなどの副材料を一切使わない。

余計な装飾もない。


カカオと砂糖だけのチョコレートなんて、

見たことも食べたこともない。


マステと比較で、サイズ感分かるかな〜?

小さな板状。これ一欠片で、200円って

思うと、意地でも味わってやろうって思う。


小さなチョコレートのかけらと、

言葉なき対談。


ちゃんと違いを感じる。これが誤魔化しのない

本当のカカオの味なんだなぁ〜

としみじみ味わった。


ま、まさか私が東京の高級チョコレートのこと、

ブログに書く日が来るなんて…

銀ママさん、ありがとうございます。


たまの贅沢…?

くどいようですが、このチョコ、高いです!

9枚の小さな板チョコが、¥1980。


お店のHPを見て、コンセプトが好きだし、

興味を持ち、たま〜の贅沢のつもりで

買ってみたのだけど、

食べてみて思ったのは、


"初めてのカカオ、チョコレート体験"


したみたいな新鮮な感じ!


食感が違う、香りが違う、味も違う。


普段鈍っている味覚、嗅覚、総動員〜

ワクワクする体験でした。

そして、カカオがフルーツで、

農産物なんだと意識できた。


逆に、普段食べているチョコレートは、

産地ごとの品質や味のバラつきを

無くす為に沢山の副材料が使われて、

一定の味を保持している、ということか。


陶芸体験、ソバ打ち体験、なんちゃら体験…

それと同じ並びに、

チョコレート体験があるとしたら、

そんなに高く感じない。

する価値のある、体験でした。


普段のおやつには、到底出来ませんがね^^;


酸味の正体。

最近流行りの、高カカオチョコレート。

苦味と同時に、酸味も感じます。

もう、お分かりでしょうが、これは、

フルーツである、カカオ本来の味だから。

(南米スーパーではフルーツとして売られてた)


副材料で誤魔化しの効かない高カカオの

チョコレートは、どうしても酸味がでる。


コーヒーも、フルーツ。だから普通に酸味がある

美味しくない酸味は、劣化した酸味。

本当の酸味は、非常に美味しいのよね。


でも、酸味嫌いな人が多いし、豆の劣化も

誤魔化せるから、真っ黒焦げな深煎りが、

多いのかも、と思ったり。

そーゆー私も深煎り好きなんだよね。


チョコレートも、コーヒーも、本来の味とは

かけ離れているけど、なかなか本物に

出会う機会も少ない。


今回のチョコレート体験、貴重でした。


https://mini-mal.tokyo/pages/story

(※回し者ではございません)


クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください