6732cf1838dc673d1da23a0df3f8d248
Ⓙどこで なにを 作ろうが。

Ⓙはちみつ

2018/10/16 15:37 朝ごはん お菓子 パン お買い物 趣味 くらし

我が家のハチミツです…

とっくに賞味期限切れのハチミツ。

瓶入りのは、2015年とな((((;゚Д゚)))))))


調べたところによると、

食品だから、一応賞味期限が設けてあるけど、

天然のハチミツに、実質賞味期限はないそうな。

保存状態良ければ、10年くらいは基本、平気。



品質(味、見た目、匂いなど)が変わらなければ

食べられるのだと知り、捨てたりせずに

良かったと思う。そこそこ高級品だったし。


瓶に入っているのが使いづらいから、

100均ボトルに入れてみたら、いい感じ。

現役復活‼︎ 

(本当は瓶保存がベストだから、

早く使ってあげないとね)


念のため…

パンに塗ったりするのは、買ったのを使う。

煮物とかベーグル茹でる時とか、

知らん間に、こっそりと使うのだ〜



はちみつの存在。

蜂蜜って、私にとって不思議な存在。


大好きじゃないのに、いつも家にあるし、

買うときは選ぶのも楽しい。


味の違いとかも良く分からないけど、

花や木の種類で色々並んでるのを見ると、

きっと私の知らない世界が広がっているん

だろうなぁと思う。

舐めてみたら、私でも違いが分かるのかな?

 


時々、パンにつけて食べるけど、

独特の風味が少し苦手で、食べるのに毎回、

少しだけ勇気がいる。

でも、食べたら甘くて美味しくて…

2枚目のパンを用意している。


子供の頃、家族の誰かが使ってるようには

見えなかったけど、実家にも必ずあった記憶。



問題のハチミツ。

冒頭の賞味期限切れハチミツは、

欧州で買ったもの。


その頃、私が蜂蜜を選んでいた基準は、

"瓶の形が可愛くて、後から使える"

ということだけだった…


でも、

友人に誘われて行ったハチミツ専門店で

初めてハチミツの美味しさを知った。


感動した私は、帰国時に爆買いしたってわけ。

小さな瓶は人にあげたりですぐに無くなり、

ハチミツの感動も段々と薄れて、

使い勝手の悪い大瓶がずっと戸棚の奥に。


そのまま南米に行って帰って、

今に至るーーー(; ̄ェ ̄)



賞味期限のことを調べていたら、

たくさん疑問が湧いてきて、色んな記事を

読み漁る。

ジワジワと広がる蜂さんへの感謝…

捨てるなんて、とんでもない話だわっ

今、舐めてみても、感動した時の味。

変わってない。すごいな、ハチミツ。


気になった張り紙   ハチミツの問題

週末、イオンのオーガニックコーナーを

ブラブラしていたら、

山田養蜂場の蜂蜜コーナーに張り紙が。


"ミツバチが激減していて、値上げを余儀なく

されています。ご理解ください"


日本に限らず、世界中でミツバチは激減して

いるニュースは、だいぶ前に見ましたが。


ほとんどの事は、

ニュースにならなくなったからと言って、

解決した訳じゃないのだよね。


ミツバチがいなくなると言うのは、

"人類の滅亡を意味する"

なんて過激な記事も発見。


いやいやいやー

はちみつが無くなってもさすがに、滅亡まで

行かないでしょう〜なんて思ったけど、

読んでみたら、確かに結構やばい‼︎


私たちの知らぬ間に、

ミツバチが少しの花の蜜と引き換えに、

あらゆる農産物の受粉という役割を担っている。


ミツバチがいなくなったら、実らない作物が

たくさん存在している。

それで、食料危機→人類滅亡…という説。


はちみつだって、幼虫の餌となるから、

必要不可欠。

ミツバチと、自然との良い関係が崩れたら…

Σ(゚д゚lll)



今も、世界中でミツバチはある日突然巣から

居なくなる。と言う現象が起こっているそう。

ストライキ…⁈


人間にとって、環境悪化は深刻だけど、

あんな小さなカラダじゃ、いつどんな影響を

受けてもおかしくない。

少し色付いて来た我が家のブルーベリー。

花が咲く頃、ミツバチがブンブン来てるから、

少しだけど、毎年収穫を楽しめる。

 

まだ、冬も来てないのに、

来年の春、ミツバチに会うの既に楽しみ^ ^

たくさん花が咲くように、

少しはお手入れしとこう。

なんなら、


「歓迎❗️ミツバチさん」


なんて垂れ幕でも用意してみようかしら。



クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください