6732cf1838dc673d1da23a0df3f8d248
Ⓙどこで なにを 作ろうが。

Ⓙ夜の過ごし方。

2019/01/22 23:00 子ども 旅行・お出かけ 趣味 くらし 家族 健康

昨年10月から始めたヨガ

昨年の秋から、ヨガ教室に通っている。

市の講座だから、初心者向けの緩いやつ。

今までも、何回か参加していたコースだから、

リラックスして通える。


…が。

3年以上のブランクは驚く

ほどだった。



インストラクターの

「鼻から大きく息を吸ってーーーー」


(す、吸えない!(汗))


「大きくゆっくり息を吐いてーーーー」


(は、吐けない!(大汗))


呼吸が全く出来てない。

普段、呼吸なんて意識してなかったから、

きっとすごく浅い呼吸しかしてなかったって

こと。私のカラダ、酸欠だったかもな。


久しぶりのヨガで、やっぱり何事も無意識は

いけないな、と思い知った。


夜の過ごし方を見直す。

その頃から、自分の夜の過ごし方を見直した。


夕飯の後、ダラダラしないように、

パンを作っていたりもしたのだけど、

人数が少ないので、あまり減らない・・・

実は、朝ごはんはほとんど ”米”を

食べているという驚きの事実!びっくりでしょ~


そんな訳で・・・


夜にウォーキングを

始めました。

私の家の周りは坂が多くて

暗いので、

認知症の母の様子を見に行くことにして、

そちらで毎晩一時間程「徘徊」しております。

母は安心するし、私もスッキリするし。

夜と言うのは、人に会わないし、

ハゲかけの化粧、いい加減な格好でいいから、

楽なんだ。日焼けもしないし。

そういえば、お酒もほぼ飲んでませんわ。



ちょっと前にその通りだな~と激しく同意した、

ちよの輔さんのブログ。

https://chocho.cookpad-blog.jp/articles/395827


緊張と弛緩を自分で作り出すって発想♪

歩く事は私にとって、単なる運動ではなくて、

瞑想だったり思考の整理の役割が大きい。

普段思い悩んでいる事は、ほぼ前向きに

捉えられるようになる。

この8年ほどを振り返ってみると、

歩いてる時期と歩いてない時期があるが、

歩いてない時期は、無駄なしょうもない時間を

過ごしている事が多いのです・・・

ただ歩くって事がどれだけ日々を充実させる

手段であるか・・・改めて知る。


夜空を見上げて、前に進む。

冬の空が綺麗だと、知ってはいたけれど、

実感したのは、初めてかもしれない。

運よく、流れ星を二度ほど見てから、

歩きながら夜空ばかり見上げている。

ハタからみたら、まぬけな光景だろうな。


一番びっくりしたのは、月の位置がこんなに

変わるなんて知らなかったのよねー。

また自分の無知を悟ってしまったわ。


新月の時と、満月の時は星の綺麗さが全く違う。

それも、知ってはいたけど、実感したのは

初めて。

同じものを毎日見ることでしか、

気付けなかった事だな。


月と星の関係をみて、ふと思う。

月は母。星は子供みたいだな。って。

月が煌々と輝いちゃうと、星は輝いて見えない。

月が控えめな時は、星はキラキラ輝いている。


なんてこととか、色~~んな事をあれこれ

考えながら1時間。


大きく息を吸って吐いて。

上を見上げて。

前に進む。


ネガティブになる訳が、ない。


明日も頑張ろう。


クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください