6732cf1838dc673d1da23a0df3f8d248
Ⓙどこで なにを 作ろうが。

Ⓙ続・偽善者が描く夢。(追記あり)

2019/01/16 22:11 イベント お買い物 子ども 趣味 くらし 家族

ランドセルは海を越えた!!

使わなくなったランドセルを

アフガニスタンに送るキャンペーンに申し込み、

まだキレイな3人分のランドセルを見送ったのが、

昨年の3月。


https://chocofumi0101.cookpad-blog.jp/articles/325893


全国から集まったランドセルは、8000個。

昨年4月に190名のボランティアスタッフの

皆さんにより、検品、仕分けが行われた後、

海を渡って、9月〜順次配布された。


贈呈風景♪

キャンペーンのHPより

お借りした画像です。


ランドセルって、

どこの国の子供がもっても

しっくりくるのね♡




寄付とか、ボランティアは身の回りに

溢れている。ネットでクリックするだけで、

寄付ができる時代だもんね。


でも、その寄付、ホントに困ってる人に

使われているのでしょうか⁇

なんて少なからず思う事もある。 


今回、ランドセルの寄付に飛びついたのは、

ランドセル自体が、


"子供だけに価値があるモノ"

ということ。


だから、心無いオトナたちに、奪われることなく

子供達の手に渡るってわけ。

子どもはどこでも弱い立場にあるから、

こういう機会は、とても良いと思うのです。


14年間も続いているキャンペーン。

事務局の都合も色々あろうかと思う。が、

継続して支援する姿勢は素晴らしいと思う。

毎年続けていると言うことは、まだまだ

ランドセルを必要としてる子どもたちが

いると言うこと。



アフガニスタンで、ランドセルを手にする

ことは、教育を受けるきっかけに

なるんだそうです。


日本では6年間しか使われないけれど、

かなり丈夫に出来ているから、

時に、机代わりにもなったりするそうです。

信じられないくらい長い間使われるかもね。


ランドセルは、ずっと子どもの背中に

しょわれて、きっと幸せに違いない。

少なくとも、我が家の納戸で、埃をかぶって

いるよりはね。


子どもたちの手にランドセルと文具が届く

までに、どれだけ多くの人の善意が集まっている

のだろうか…


キャンペーンのHPで、ランドセルを受け取る

子どもたちの様子をみて、すっかり心が

洗われたわ。


もう、手元にランドセルはないのだけれど、

問い合わせたら、文具だけでも受け付けて

くれるらしい。


(訂正、追記)

昨年、ランドセルを送ったので、

文具だけも受け付けて下さる。とのことで、

いきなり文具、学用品のみの受付は、

出来かねるそうです。紛らわしい書き方して

しまい、申し訳ありませんm(_ _)m


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


私が出来ることは、ほんのわずか。

でも、今年も少し文具を送ろうと思う。


初めて使う、色鉛筆やクレヨンで、

彼らがどんな絵や夢を描くのか…

やっぱり想像せずにはいられないのです。



欲にまみれ、

荒みきった偽善者に、夢を見させてね。



※キャンペーンに参加させて頂いた、イチ個人

のブログですので、興味を持たれた方は、

ご自身で事務局のHPで内容や参加方法を、

必ず確認して下さいね。

https://www.omoide-randoseru.com/home.html



クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください