6732cf1838dc673d1da23a0df3f8d248
Ⓙどこで なにを 作ろうが。

Ⓙ母のクリエイティ部。(追記あり)

2019/02/23 23:44 趣味 くらし 家族

認知症の母は、過去でもなく、未来でもなく、『今』を生きている。

2013年末にアルツハイマー型認知症という

診断を受けた母。

出来ないことが増えて先細り一方な日々です。


でも、毎日の事。

ご飯を炊く、洗濯をする、お風呂に入る・・・

火の始末と戸締り、徒歩での買い物。

最低限の事は出来ている。


ただ、『今』のほんの1、2分前の会話も

覚えてはいない。

だいぶ前の事をさっきの事のように話す。

記憶と時間軸が著しく低下して来ていると

感じるこの頃。


さすが、私の母だわ~

そう言いたくなる母の創作活動

(クリエイティ部)


レース編み

独身の頃に大好きだったレース編み。

私が実家に居た頃は編んでる姿を見たこと

なかったのだけど、最近は、ずーっと肌身

離さず。これは、ここ2,3年の作品。


一度習得して自分のものにしたことは、

一生ものっていう、お手本だね。

手が覚えてる。


昨年までは、写真↑みたいに模様や大きさも

少しづつ変えて、編めていたのに、

今は全部一緒のこれ↓


軽度の白内障なんだけど、こんな細かいの、

良く見えるな~って感心する。



ブログやつくれぽの

写真にもよく使ってます。




俳句。

こちらも、30代の頃からの趣味の俳句。

なかなか、渋い趣味してる。


今年、

俳句の日めくりカレンダー

をプレゼントしたら、

思い出したみたいで、

こんなボロボロの

歳時記を出して来た。


だから、一冊ノートを

買ってきて、


『一日、一句』


って、置いて来たんだけど、3日目位から、

「今日はディに行った。」

・・・みたいな普通の日記になっておりましたw


時々、俳句への情熱が復活して

「習いに行きたい」

と言っております。

歳時記をパラパラとめくると、私の知らない

コトバが一杯…なかなか高尚な趣味です。


油絵

(多分、モネの模写)@我家の玄関



母の最も大切にしていた趣味。

かなり長い事習っていたな。

素人の私が見ても、かなり上手だった。


最近は、大人の塗り絵などを買ってきて、

チマチマと塗っていたのだけど、

やっぱり面白くないらしい。


ある日の夜、様子を見に

行ったら、

大きなスケッチブックを

広げてデッサンをしていた

のには

かなりびっくりした。


創作の意欲ってすごいな、と思って。

まだ、こんな情熱が残っていて嬉しかった。


油絵もまた習いに行きたい!!!と

時々思い出したように言う。

叶えてあげたいと思うけど、現実的にはかなり

難しい・・・。


私も趣味に生きるタイプなのだけど、

私は食べ物。作品として残らない。

そして自己流、自己満足。


母の趣味は、作品として残るし

自己満足ではなくて、、

ヒトの評価を伴う場合が多い。

だからこそ、習いたいと思うんだろうな。


日々、母と過ごすうち、

出来ないことばかりに目が行く自分だけど、

まだ、こんなに出来る事があったんだな。


老いるってこと。

「親は、最後の力を振り絞って、”老いる”という

ことが何なのか見せてくれていると思う。」


と言ってくれた友人が居た。

その言葉で、母と私の日々に価値があるような

気がした。


私は、ボケる予定はないけれど。

はてさて。


パンに、イーストを入れ忘れるか?

3日位発酵してたり?

Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン


・・・うん。

今のうちにやりたい事は、やっていこう。


この記事を書いた翌日…

母を訪ねた時に、このブログを見せたら、

音読しながら、


「これ、私のこと⁈」

「違うわよー」

「そうそう!」

「この絵、上手いね。私が描いた絵⁈」


と、読みながら大爆笑してました。

今回の記事は、自分に"イイね"したい気分♪


クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください